2005年11月13日

仲俣暁生「文学:ポスト・ムラカミの日本文学」

まず本のデザインがかっこよすぎる。
そして分かりやすい。

文学部ってこんな授業とかうけられるのだろうか?


だとしたら文学部に入りたかった。


この本は著者の文学論が詰まってて、読み応えがありました。


社会と文学を絡めて説明してくれて分かりやすかった。


バブルとかプラザ合意とかが文学と関係してたなんて、あんまり考えたことも無かった。



あと最近の作家との出会いのきっかけにもなります。


95年以降にデビューして著者が注目してる以下の作家。

町田康

赤坂真理

堀江敏幸

星野智幸

吉田修一    

+阿部和重(94デビュー)

この作家達が90年後半から21世紀はじめにかけ

もっとも注目すべき作家らしいので

知らない作家もいたので絶対読んでみようと思いました。


いい本だった。

できれば1000円以下で欲しかった。




文学:ポスト・ムラカミの日本文学 カルチャー・スタディーズ
4255001618仲俣 暁生

おすすめ平均
stars鮮度が大事!読むならお早めに
stars文学って面白いのだった

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



最後の吐息
4309407676星野 智幸


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ヴァイブレータ
4062735806赤坂 真理

おすすめ平均
starsかなり忠実。
starsおもしろい。
stars頭の中が静かにならない…
stars赤坂真理作品一番のおすすめ
stars「言葉」の壁

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



熊の敷石
4062739585堀江 敏幸

おすすめ平均
stars淡い印象、感情を芝居仕立てにすることなく描いた純文学
stars心地良い
stars記憶の襞をまさぐるような。
starsウラの熊の敷石
stars触れることのできないあたたかな「貝の火」

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


最後の息子
4167665018吉田 修一

おすすめ平均
stars不思議な暖かさ
stars奇妙でいて、穏やか
stars流れてゆく映像のような、三篇の青春小説
stars少しの空虚が心地よい
stars認める??

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




amazonで定価で購入。ブックオフには無かった。
イーブックオフ
posted by fuji at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 新書&実用書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。